■副業!簡単にお金儲け
・始める前の準備
・メール受信でお金儲け
・アンケートでお金儲け
・ゲームでお金儲け
■副業!ホームページ
・ホームページでお金儲けの理由
・ホームページ作成の準備
・お金儲けホームページの作成
・アフィリエイトサイトの紹介

■在宅ワークでお金儲け
・在宅ワークを始める前に
・在宅ワークの種類
・簡単な在宅ワークの紹介
・専門的な在宅ワークの紹介

■女性限定の副業


  
ホームページの作成
 ホームページを作成するには、まず何のホームページを作るかを決めなければなりません。趣味のホームページ、ショッピングのホームページ、いろいろな情報を載せるホームページなどいろいろあります。作っている途中でも変えることができるので、気軽に決めても大丈夫です。

 なかなか決まらない人は、これから趣味のホームページを例にホームページの作り方を紹介するので、そちらを参考にしてみてください。

ホームページを作る前の注意
■文字は見やすい大きさにする
 文字が小さいと見づらいのでいくら興味のあるサイトを作っても、見に来た人は、「文字が小さくて見づらい」という理由で他のサイトを見に行ったりします。もしも自分がネットサーフィンをしているときに、興味があるサイトがあったのに文字が小さかったらどうしますか?

 このくらいの大きさだと文字が見やすくていいですね。
 このくらいの大きさだと文字が見にくくて目が疲れますね。

私なら文字が見やすいほかのサイトを見に行ってしまいます。この例は極端ですが、文字は見やすい大きさにしましょう。


■文字の間隔を適度にあける
 これも先ほどと同じで、サイトの見やすさに関係してきます。例えば、

 文字をこれくらいの大きさにすれば、文がとても読みやすくなっていいと思います。また間隔があいていると長い文を読んでも目が疲れにくいです。間隔があいていないと、文がとても読みづらくなります。もしもとても興味深いことを書いていても、長く読んでいると途中で疲れてきて見る気がなくなってしまうと思います。比べればわかってもらえると思うので、サイトを作るときは文字の間隔を適度にあけて作ればいいと思います。 文字をこれくらいの大きさにすれば、文がとても読みやすくなっていいと思います。また間隔があいていると長い文を読んでも目が疲れにくいです。間隔があいていないと、文がとても読みづらくなります。もしもとても興味深いことを書いていても、長く読んでいると途中で疲れてきて見る気がなくなってしまうと思います。比べればわかってもらえると思うので、サイトを作るときは文字の間隔を適度にあけて作ればいいと思います。 

 実際に見て見れば違いがはっきりわかると思います。右のほうは読みづらいと思います。
 ちなみに私は間隔を1.7倍に設定しています。


■著作権を侵害しない
 これは当たり前です。携帯の着歌を作って有料で配信したり、DVDをコピーして販売したりすると、著作権侵害で捕まる危険があります。

お金儲けができるホームページ作成の例
 では、ホームページの作り方を趣味のホームページを例にして説明していきたいと思います。趣味のホームページは、自分の得意なことを紹介できるので、比較的簡単に作れると思います。
 ここでは、趣味がギターの場合のホームページの作り方を例にします。

@サイトの名前を決める
 まず最初に自分のサイトの名前を決めます。決めるときの注意としては、検索されやすい名前をつけることです。ギターの情報を見たいと思う人は大体「ギター」という文字で検索すると思うので、この場合は、サイトの名前に「ギター」という文字が入っているほうがいいと思います。

 サイトの名前が決まったら、その名前を検索エンジンで検索してみます。もし同じ名前のサイトがあったら別の名前を考えてください。他のサイトと同じにならないように注意してください。


Aトップページを作る
 トップページは、自分のサイトにどういう内容のものが書かれているかがわかりやすく作ったほうがいいと思います。サイトを見に来る人はなんらかの情報がほしくて見に来ているわけですから、情報は探しやすいほうが見る人にとってはありがたいわけです。ですからトップページは、見やすくシンプルに、サイト全体のの内容がわかりやすいように作りましょう。


Bページを作る
 ページは、自分の知っている情報、体験などを自由に書いてください。

ギターのホームページの場合は、
・私の使ってきたギター達
・その他の機材
・おすすめのギター
・管理人使用中!おすすめ機材
・ギターの上達方法
・おすすめのギタリスト
・過去の有名なギタリスト達
・おすすめ!ギターの入門書
・活躍中!お気に入りミュージシャン

などさまざまなページを作ることができると思います。そして作ったページをトップページとリンクさせます。

ここまで作ることができたら、いよいよ広告の貼り方の説明です。

Cページに広告を貼る
 広告を貼るとき注意があります。それは、ページにあった内容の広告を載せることです。ページとまったく関係のない広告を載せても、だれも商品を買ってくれません。ページの内容にあっていて、体験談、その商品を使った感想などを交えながら商品を紹介していかなければ売れる可能性は極めて低いでしょう。
 では、具体的に先ほどのギターのホームページを例に説明します。

例えば、「おすすめのギター」というページでは、自分がそのギターを使ってみた感想、どんな音がでてどんなジャンルを演奏するのにあっているか、などの説明を書いて商品を紹介します。そうすることで、商品が売れる可能性が高くなります。写真などをつけるともっと効果的です。
 これでひとつ広告を貼ることができました。他にもたくさん考えられます。

「管理人使用中!おすすめ機材」のページでも、上と同じようにして、機材の商品の広告を貼ることができます。

他のページでもミュージシャンのCDの広告、入門書の広告、ギター教材のビデオなどさまざまな商品の広告を貼ることができます。そして、その広告から商品がうれれば、商品の金額の何%かをもらうことができます。

 先ほどもいいましたが、自分のサイトにあった広告を体験などを交えながら紹介することで商品が売れる可能性が高くなります
 逆にまったく関係ない広告を貼ると、その商品が売れる可能性はとても低くなります。また、サイトの信頼も下がってしまうかもしれないので関係ない広告はなるべく貼らないようにしてください。

これで、ホームページの作成方法は終わりです。では、ホームページが出来上がってきたらアフィリエイト(広告をたくさん取り扱っているサイト)の契約をして広告を貼りましょう。

・アフィリエイトサイトの紹介


・TOP











































































































































































SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO